beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユーベはCLアトレティコ戦に照準…リーグ戦はC・ロナウド、ボヌッチ&キエッリーニも温存か

このエントリーをはてなブックマークに追加

マッシミリアーノ・アッレグリ監督がリーグ戦の会見に臨んだ

 ユベントスは8日にセリエA第27節・ウディネーゼ戦に挑む。マッシミリアーノ・アッレグリ監督は試合前日に記者会見を行った。クラブ公式サイトが伝えている。

 8日のウディネーゼ戦は、本拠地アリアンツ・スタジアムでの200試合目となる。指揮官は「勝たなければいけない試合。良いパフォーマンスを見せて、勝ち点を取り続ける必要がある」と意気込みを語る。

 さらに選手起用についても言及。GKボイチェフ・シュチェスニやDFアンドレア・バルザーリの先発の可能性を語り、DFレオナルド・ボヌッチやDFジョルジョ・キエッリーニの欠場も明言した。

 また、FWクリスティアーノ・ロナウドはベンチスタートとなり、FWパウロ・ディバラやFWマリオ・マンジュキッチが別メニューとなっていることも明かす。今節は19歳のFWモイーズ・キーンの起用も示唆。MFダグラス・コスタの負傷も回復傾向にあり、来週のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のアトレティコ・マドリー戦でのプレーも可能になるという。

 ユベントスは2月の欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦でアトレティコに0-2と敗戦。今季は欧州CL制覇を最大目標に掲げており、指揮官も第2戦での逆転勝利を見据えている。

「マドリードでの試合は私たちに大きな影響を与えたし、この20日間の時間は私たちにとって助けになった」

「火曜日は素晴らしい試合になるだろう。私たちは準備ができている。我慢強さ、冷静さ、そして万全の準備が必要とされる試合だ」

●セリエA2018-19特集
●注目試合をチェック!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP