beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

首位の水戸が清水V弾で開幕3連勝!!長崎は今季初失点&初黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.9 J2第3節 長崎0-1水戸 トラスタ]

 J2第3節が9日に行われ、水戸ホーリーホックは敵地でV・ファーレン長崎に1-0で勝利した。後半7分に生まれたFW清水慎太郎の先制点が決勝ゴール。開幕3試合連続の完封で3連勝を飾っている。

 開幕2連勝で単独首位に立つ水戸と、1勝1分の7位ながらここまで水戸と同じく無失点を誇る長崎の対戦。ブロックを作って粘り強く守る長崎に対し、水戸は自らアクションを起こすディフェンスから攻撃につなげていく。

 前半38分にMF平野佑一がPA内右でDF角田誠にプレッシャーをかけると、流れたボールをMF黒川淳史が拾い、切り返しから左足でシュート。しかし、ニアを突いたボールはGK徳重健太に左足でブロックされる。長崎も同41分に左CKを獲得し、混戦から浮いたボールをFW玉田圭司がヘッドで押し込もうとしたが、ゴール右に外れた。

 スコアが動いたのは後半7分。水戸のカウンターから清水が右サイドのMF茂木駿佑に預けると、フリーでPA内中央に走り込む。茂木の低い右クロスを右足のインサイドキックで押し込み、前節の栃木戦(3-0)に続く2試合連続ゴールを挙げた。

 長崎は失点後の後半10分にFWイ・ジョンホを下げ、開幕戦の横浜FC戦(1-0)で決勝ゴールを決めたFW長谷川悠を投入する。さらにDFチェ・キュベックに代えてDF香川勇気、MF澤田崇に代えてMF大竹洋平と、同29分までに3枚の交代枠を使い切った。

 直近の公式戦となる6日のルヴァン杯グループリーグ第1節・湘南戦(2-1)で、終了間際の2得点で劇的な逆転勝利を飾っていた長崎。しかしFWジョー、MF浅野雄也、MF白井永地を投入した水戸に対して最後までゴールが遠く、今季初失点で初黒星を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第3節1日目 スコア速報

TOP