beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

吉田はフル出場でトッテナム撃破に貢献!新体制レスターの岡崎は途中出場

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田麻也はフル出場

 9日、プレミアリーグ第30節が行われた。

 DF吉田麻也の所属するサウサンプトンはホームでトッテナムと対戦。前半26分にFWハリー・ケインに先制点を許したが、後半21分にMFヤン・バレリのゴールで追いつくと、36分にはMFジェームス・ワード・プラウズが逆転ゴールを決め、2-1で逆転勝利をおさめた。吉田は3試合連続スタメン出場で勝利に大きく貢献した。

 FW岡崎慎司の所属するレスター・シティはホームでフルハムと対戦し、MFユーリ・ティーレマンスの移籍後初ゴール、FWジェイミー・バーディの2ゴールにより3-1で勝利。ブレンダン・ロジャーズ新体制で初白星を飾った。前節ベンチ外だった岡崎は後半27分から途中出場した。

 FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルエバートンをホームに迎え、2点ビハインドの後半にFWサロモン・ロンドン、FWアジョセ・ペレスが2ゴールを挙げ、3-2で逆転勝利した。ベンチ外の武藤は、1月2日の第21節マンチェスター・ユナイテッド戦以降、出場機会を得られていない。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP