beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

もぎ取った勝ち点1…横浜FM天野純「去年から変わったのはそこ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

手応えを口にした横浜F・マリノスMF天野純

[3.10 J1第3節 横浜FM2-2川崎F 日産ス]

 ホームでの神奈川ダービーに引き分け、開幕からの連勝が『2』でストップした横浜F・マリノス。しかし、今季から導入している“キャプテン3人制”の一人を担うMF天野純はポジティブな要素を次々に見い出していた。

 2連覇中の川崎フロンターレをホームに迎えての一戦は、激しい打ち合い。前半4分にミスから先制点を献上したが、得意のサイド攻撃で同点。最終盤にはゴール前を崩され、再び勝ち越されるも、最後の最後に自身のCKから引き分けに持ち込んだ。

 劇的な同点劇だったということもあり、背番号10の表情は柔らかかった。「最初の失点の仕方は良くなかったが、持ち直して自分たちのサッカーができた」。相手はJリーグ王者。かたや横浜FMは昨季、苦しい残留争いを繰り広げていただけに勝ち点1は上々の結果だ。

 また、引き分けという結果以上の手応えもあった。「少し前まではリスペクトして引きすぎていたし、同じ目線でプレーできていなかった。ただ、いまはプレッシャーを感じず、同じ目線でプレーできている」。隣町の国内王者に対し、気負いがなくなったという。

 それは昨季から構築してきたスタイルへの自負ゆえだ。「積み上げてきたものの自信。自分たちのテンポでやれば相手はついて来られないという自負。チーム全体からそういうオーラが出てきている」。相手のプレスに気圧されず、果敢につないでいくという姿勢は、この日も随所に見られた。

 また、そんな余裕の心持ちは最後の最後に訪れた歓喜に表れた。「去年と違ったメンタリティーがある。監督から勝者のメンタリティーを持て、球際に負けるなと言われている。去年から変わったのはそこだし、調子がいいのはそれがあるから」。まだ開幕3試合。すべてを語るにはまだ早いが、生まれ変わった手応えは確かにある。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第3節2日目 スコア速報

TOP