beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ヤングサッカーフェスティバル]静岡県選抜の10番FW三木が劇的決勝弾!プレミアでの目標は「得点王」

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半アディショナルタイム、静岡県ユース選抜の10番FW三木直土(右)が決勝点

[3.10 静岡県ヤングサッカーフェスティバルU-18の部 静岡県ユース選抜 1-0 日本高校選抜 草薙陸]

 静岡県ユース選抜の10番FW三木直土(磐田U-18)が、後半アディショナルタイムに劇的な決勝点を奪った。交代出場のFW山崎稜介(清水ユース)のシュートがポストを直撃。跳ね返りを1タッチでゴールへ押し込んだ。

 試合最終盤に訪れた絶好機。冷静に決めた三木だが、目の前にボールとゴールだけという状況での決勝点だっただけに「あれ、決めないとやっていけないです」と報道陣を笑わせていた。

 この日は前線に並んだ他のFW2人に決定機が訪れていた。その中で自分にはなかなか巡って来ていなかったチャンス。それでも、諦めず、準備を続けて最後の最後でチャンスを引き寄せた。

「自分がおとりになって、味方のシュートシーンがあったので、次に切り替えて準備していた。そして、自分のところにこぼれてきたので良かったです。なかなか自分のところにチャンスがなかったんですけれども、少ないチャンスで決められたのはこれからへ向けて収穫になったかなと思っています」と三木。自身のゴール、そして注目度の高い日本高校選抜に勝ったことを素直に喜んでいた。

 県選抜での活動から切り替えて、次はプレミアリーグでの活躍を目指す。昇格1年目だった昨年のプレミアリーグは「去年、2点しか獲れなかったのがショックだった。初めてのプレミアリーグでプレッシャー速くて結構衝撃だった」と振り返る。

 今年は3年生。自分の将来のためにも結果を残し、磐田U-18の勝利に貢献する意気込みだ。「今年は得点王を狙って、そうしたら世代別の代表やトップに昇格できたり、ちょっと前に2種登録されたのでルヴァンとかも出場できたら。トップに昇格できるように頑張っていきたいです」。この日、劇的な決勝点によって高校選抜を沈めたFWが目の前の試合で得点を決め続ける。


(取材・文 吉田太郎)

TOP