beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

京都トップ昇格の18歳ルーキー2人、ブラジル武者修行が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユース時代のFW服部航平(左)、DF江川慶城

 京都サンガF.C.は12日、下部組織からトップ昇格したFW服部航平(18)、DF江川慶城(18)の2人がブラジルの「ロンドリーナEC sub 19(U-19チーム)」に期限付き移籍することを発表した。17日まで京都で活動を行う。

 クラブは「トップチームかつグローバルに活躍する、世界水準のサッカー選手を育成する」という指導理念の下、若手選手の育成を図るべく、2人の武者修行を決定した。今年1月にも京都からMF荻野広大(21)とMF島村拓弥(20)がロンドリーナEC(ブラジル)に期限付き移籍している。期限付き移籍期間は2019年11月30日まで。クラブを通じて、以下のコメントを発表した。

■服部航平
「この度、ブラジルのロンドリーナEC sub19に移籍することになりました。ブラジルでフィジカルが強い選手、技術が高い選手とプレーし、ストライカーとして成長してきます。目標である“世界No.1ストライカー”に少しでも近づいていけるように精進してきます。」

■江川慶城
「この度、ブラジルのロンドリーナEC sub19に移籍することになりました。自分としては西京極のピッチで皆さんに感動を与えたいという思いでずっとやってきました。しかし、自分の実力不足で今はその思いが叶いませんでしたが、ブラジルに行きサッカー面において、そして人間性においても成長して帰ってきます。今度とも、京都サンガ、そして江川慶城への応援をよろしくお願いします!!」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP