beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

中島翔哉がACL初得点のアルドゥハイルは初黒星…同組の塩谷もACL初弾、次節は日本人対決へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ACL初得点を決めたMF中島翔哉とDF塩谷司

[3.12 ACLグループC第2節 アルヒラル3-1アルドゥハイル]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ第2節が12日に行われ、C組ではMF中島翔哉の所属するアルドゥハイル(カタール)が敵地でアルヒラル(サウジアラビア)と対戦し、1-3で敗れた。今大会2試合連続スタメンの中島は0-1の後半30分にACL初得点をマーク。フル出場したが、チームは今大会初黒星を喫した。

 互いに開幕白星スタートを切ったチーム同士の一戦。前半25分、アルヒラルはキャプテンのMFカルロス・エドゥアルド・デ・オリベイラ・アウベスがPA内左から左足でシュートを決め、先制に成功する。

 その後、スコアが動かないまま時間が経過したが、後半30分に中島が魅せた。左クロスのクリアボールを素早い反応で拾うと、PA内左から左足でシュート。グラウンダーのボールがGKの左手をかすめてゴール右隅に吸い込まれ、ACL初得点を挙げた。

 しかし、直後の後半32分にアルヒラルのCKからDFアリ・アル・ブライヒに押し込まれると、同34分にはパスワークで崩されてFWバフェティンビ・ゴミスに左足のシュートを叩き込まれる。アルドゥハイルは1-3で敗れ、今大会初黒星を喫した。

 また、C組では同日、DF塩谷司所属のアルアイン(UAE)がアウェーでエステグラル(イラン)と対戦。先発フル出場した塩谷は0-1の後半40分にFKのこぼれ球をPA内中央から左足で蹴り込み、ACL初得点を記録したが、試合は1-1の引き分けに終わった。

 この結果、2連勝で勝ち点6としたアルヒラルが単独首位に立ち、1勝1敗で勝ち点3のアルドゥハイルは2位。ドローで勝ち点1を得たアルアインが3位、エステグラルが4位と続いている。

 第3節は4月8日に開催され、アルドゥハイルはアルアインとのホームゲーム。中島と塩谷の日本人対決となる。

【順位表】
1.アルヒラル(サウジアラビア)(6)+3
2.アルドゥハイル(カタール)(3)+1
3.アルアイン(UAE)(1)-1
4.エステグラル(イラン)(1)-3

第1節
3月5日(火)
アルドゥハイル 3-0 エステグラル [ドーハ]
アルアイン 0-1 アルヒラル [アルアイン]

第2節
3月12日(火)
エステグラル 1-1 アルアイン [テヘラン]
アルヒラル 3-1 アルドゥハイル [リヤド]

第3節
4月8日(月)
アルドゥハイル 24:30 アルアイン [ドーハ]
エステグラル 26:00 アルヒラル [ドーハ]

●ACL2019特設ページ
●海外組ガイド

TOP