beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

CL16強敗退のブッフォン、古巣ユーベのCL8強をSNSで祝福…皮肉な状況に現地ファンも反応

このエントリーをはてなブックマークに追加

パリSGのGKジャンルイジ・ブッフォン

 ユベントスを去り、今季からパリSGでプレーしているGKジャンルイジ・ブッフォンが、古巣のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝進出を祝福した。

 現地時間12日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ、ラウンド16第2戦のユベントスvsアトレティコ・マドリーは3-0でユベントスが勝利。2戦合計3-2となり、ユベントスがCL8強進出を果たしている。

 この試合後、ブッフォンが自身の『インスタグラム』で、ジョルジョ・キエッリーニの画像を引用する形で、祝福のコメントを発した。

「ユーベのみんな、おめでとう! みんなの頑張りはとてつもない感動をくれた。そしてミステルアッレグリ、あなたの仕事ぶりは偉大だった」

 この投稿を受けてユーベファンから「ジジ、あなたはいなくなっても偉大だ」、「カピターノ、なぜあなたがこの場にいないのか残念だ」、「トリノに戻ってきてくれ」といった投稿が相次いだ。その一方で一部のパリSGサポーターからはブッフォンに対し、母国に戻るよう促す心無いコメントも。

 ブッフォンは2001-02シーズン、ユベントスに加入するも在籍17シーズンを通し、チャンピオンズリーグのコンペティションでは優勝を経験できず。

 ユベントスからの退団が決まっていた2018年夏には「ビッグイヤーを掲げたい」と公言してパリSGへ新天地を求めたが、今月6日に行われた同ラウンド16第2戦では自身のディフレクトミスもあり、マンチェスター・ユナイテッド相手に1-3で敗れた。2戦合計3-3でパリSGはラウンド16敗退を喫する結果となったが、一方でブッフォンの古巣ユベントスはCL8強進出を勝ち取る結果に。

 CLのタイトルが悲願だったブッフォンにとっては皮肉な状況となったが、古巣の躍進については手放しで称えている。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP