beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ACLで18歳東俊希が“右足”プロ初ゴール!J1では久保が初アシスト…U-20代表世代のJ1・J2第3節

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-20W杯まであと2か月

 ポーランドで開催されるU-20ワールドカップの開幕を5月に控え、同大会のU-20日本代表メンバー入りを目指す世代がアピールしている。9〜10日に開催されたJ1リーグ第3節ではMF久保建英がアシストを記録し、チームの連勝に貢献。12日にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節が行われ、MF東俊希(広島)がプロ初ゴールを記録した。

 東は2月19日に行われたプレーオフのチェンライ・U戦に途中出場し、ACLデビュー。ACL第1節に続いて第2節もスタメンに入り、左シャドーの位置で先発した。立ち上がりの前半3分、右サイドを突破したFWパトリックからクロスが入ると、走り込んだ東は利き足ではない右足で押し込み、先制ゴールを奪った。

■ACL(12日)
鹿島FW安部裕葵(20) 後半16分〜試合終了
鹿島DF関川郁万(18) ベンチ
広島MF東俊希(18) 先発〜ハーフタイム
広島MF松本大弥(18) フル出場

■J1リーグ(9、10日)
 U-20日本代表入りを目指す世代で、2019年のJ1開幕戦から連続でスタメンに入ったのはFW安部裕葵(鹿島)、MF久保建英(FC東京)、MF齊藤未月(湘南)、GK大迫敬介(広島)の4選手(齊藤と大迫は連続フル出場)。2001年生まれの17歳久保とMF松岡大起の直接対決が実現し、久保が初フル出場&初アシストを記録した。清水MF滝裕太は2試合連続ゴール。また、長崎総合科学大附高出身のMF鈴木冬一(湘南)がJ1デビューを飾り、高体連出身のルーキーとしては一番乗りとなった。

J1第3節に絡んだU-20世代は以下の通り

鹿島FW安部裕葵(20) 1999年1月28日 先発〜後半17分
鹿島DF関川郁万(18) 2000年9月13日 ベンチ
浦和MF橋岡大樹(19) 1999年5月17日 フル出場
FC東京MF久保建英(17) 2001年6月4日 フル出場
FC東京FW田川亨介(20) 1999年2月11日 前半16分〜後半20分
横浜FM MF山田康太(19) 1999年7月10日 ベンチ
湘南MF齊藤未月(20) 1999年1月10日 フル出場
湘南MF鈴木冬一(18) 2000年5月30日 後半26分〜試合終了★
清水MF滝裕太(19) 1999年8月29日 後半23分〜試合終了
神戸MF郷家友太(19) 1999年6月10日 ベンチ
広島GK大迫敬介(19) 1999年7月28日 フル出場
広島MF東俊希(18) 2000年7月28日 ベンチ
鳥栖MF松岡大起(17) 2001年6月1日 フル出場(今季2種登録)
※年齢は試合日時点
★は初出場

■J2リーグ(9、10日)
 J2開幕戦から3試合連続で先発しているのはMF渡邊泰基(新潟)のみで、フル出場を続けている。ルーキーDF三國ケネディエブス(福岡)は負傷でメンバー外。MF森田晃樹(東京V)、MF安永玲央(横浜FC)が途中出場でプロデビューを果たした。

J2第3節に絡んだU-20世代は以下の通り

東京V MF森田晃樹(18) 2000年08月8日 後半30分〜試合終了★
東京V MF藤本寛也(19) 1999年7月1日 後半42分〜試合終了
横浜FC FW斉藤光毅(17) 2001年8月10日 後半26分〜試合終了
横浜FC MF安永玲央(18) 2000年11月19日 後半28分〜試合終了★
柏MF田中陸(19) 1999年5月4日 ベンチ
新潟MF渡邊泰基(19) 1999年4月22日 フル出場
金沢DF石尾崚雅(18) 2000年5月18日 ベンチ
京都MF福岡慎平(18) 2000年6月27日ベンチ
岡山DF阿部海大(19) 1999年9月18日 ベンチ
福岡DF石原広教(19) 1999年2月26日 フル出場
福岡MF喜田陽(18) 2000年7月4日 ベンチ
※年齢は試合日時点
★は初出場

●U-20ワールドカップ2019特集ページ
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP