beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

メッシ圧巻2G2A! バルセロナが驚異の12季連続8強入り、リヨンは守護神が涙の交代…

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点を挙げて祝福されるバルセロナFWリオネル・メッシ

[3.13 欧州CL決勝T1回戦第2戦 バルセロナ5-1リヨン]

 UEFAチャンピオンズリーグは13日、決勝トーナメント1回戦第2戦を行い、バルセロナリヨンを5-1で破った。FWリオネル・メッシが2得点。2戦合計スコア5-1でバルセロナが12シーズン連続の準々決勝進出を果たした。

 リヨンのホームで行われた第1戦を0-0で終え、バルセロナのホームで迎えた第2戦。地の利はバルセロナにある一方、リヨンはアウェーゴールを奪えば大きく優位に立てる中、立ち上がりから優勢を保ったのはホームのバルセロナだった。

 前半16分、味方のロングパスに反応したFWルイス・スアレスがエリア内左に抜け出すと、DFジェイソン・デナイアーのスライディングタックルに転倒。足は畳んでいるため不用意なタックルには見えなかったが、バルセロナにPKが与えられ、これを同17分にFWリオネル・メッシがチップキックで決めた。

 前半21分にはリヨンに追い打ちをかけるようなアクシデント。最終ライン裏を抜け出したFWコウチーニョのシュートをGKアントニー・ロペスがブロックしたものの、ボールが顔面に当たってピッチに倒れ込む。そのままプレーを続けたが、時折首を振って意識を確かめるなど、不安な時間帯が続いていた。

 すると前半31分、バルセロナはMFアルトゥールの縦パスをスアレスが受け、飛び出したGKの動きを見ながら横パスをコウチーニョへ。このプレゼントパスをしっかり決め、リードは2点に広がった。同34分、ロペスはプレーを続けることができず、涙ながらにGKマチュー・ゴルジュランと交代した。

 バルセロナは後半2分、スアレスのスルーパスに抜け出したアルトゥールがメッシにつなぎ、メッシはループシュートで狙ったが、かろうじて戻ったDFマルサウがゴールライン際でクリア。するとリヨンは同13分、セットプレーの混戦からMFリュカ・トゥサールがボレーで決め、1点を返した。

 その後はアウェーゴールで勢いを増したリヨンが主導権を握る。しかし、試合を動かしたのはやはりバルセロナの10番だった。後半33分、中盤で縦パスを受けたメッシは相手ディフェンス2人を切り返しでいなして右足シュート。ゴルジュランも触ったが、ボールはゴールマウスに吸い込まれた。

 バルセロナはさらに後半36分、カウンターからメッシが突破すると、今度は4人のディフェンスがPA内まで追いかける。しかし、右足クロスを阻むことができず、大外で合わせたのはDFジェラール・ピケ。最後は同41分、メッシのパスからFWウスマン・デンベレが5点目を奪ったバルセロナが圧勝し、準々決勝進出を果たした。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP