beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ノイアー、痛恨ミスとの指摘も「マネが本当に上手かった。飛び出さなくても…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 バイエルンのGKマヌエル・ノイアーは、自身のミスとも思えるシーンについて言及している。

 バイエルンは13日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグでリバプールと対戦。試合は1-3でホームのバイエルンが完敗を喫し、ベスト16での敗退が決まった。

 この試合で疑問を呈されたシーンが26分のリバプール先制の場面。ビルヒル・ファン・ダイクのフィードにサディオ・マネが抜け出した。DFラフィーニャと競り合っていたが、ノイアーは前に出る決断を下す。しかし、マネは巧みなタッチで一度ゴールから背を向けると、ターンでかわして見事なループシュートを沈めてみせた。

 結果的に飛び出しが不必要にも見えたシーンだったが、ノイアーの見解はこのようなものだった。

「マネの正面に立ちはだかりたいと思ったが、ファーストタッチが素晴らしかった。少しでもタッチを乱していれば、ボールに触れたと思う。ゴールラインにとどまれば、彼のスピードで結局は1対1になっただろう。人々がミスと認識するのは理解できるけど、マネが本当に良かったと思う」

 ノイアーはあくまでも自身のミスではなく、マネのスーパープレーだったと考えているようだ。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP