beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

L・スアレスのPK奪取はミスジャッジ? 元リーガ審判員の現地識者は「明らかな誤審」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWルイス・スアレスのPK奪取に物議

 現地時間13日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのラウンド16第2戦、バルセロナvsリヨンは5-1で決着。第1戦はスコアレスだったため、2戦合計5-1でバルセロナが勝ち上がりを決めた。

 この試合の先制点は前半17分、FWリオネル・メッシによるPKだったが、このペナルティ判定となったFWルイス・スアレスのプレーが“ダイブ”だったのではないかと指摘する声も。

 リヨンDFジェイソン・デナイヤーがL・スアレスにタックルを仕掛け、L・スアレスはデナイヤーの足に乗り上げる形で倒れ込んだ。

 このプレーはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)裁定の末、バルセロナにPKが与えられたが、かつて23年間リーガで審判員を担当した名物解説者フアン・アンドゥハル氏は『ラジオ・マルカ』を通して、このジャッジが“誤審”だったと主張している。

「主審の判断は間違っている。デナイヤーを踏みに行ったのはL・スアレスであって、あのプレーは故意的。なぜ審判団があれをリヨン側のファウルと判断したのか、私には理解できない」と発言。PK判定は誤りだったと強調した。

 L・スアレスのPK奪取により先制したバルセロナは、リヨンを圧倒し5-1で勝利を収めた。CL8強入りを決めたバルセロナだったが、世界中のメディアでPK判定が正しかったのかどうか、疑問を呈する報道が相次いでいる。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP