beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[サニックス杯]名将が認める青森山田の新主将MF武田「飯田さんや竜孔さん以上のことをみんなに」

このエントリーをはてなブックマークに追加

青森山田高の新主将、MF武田英寿

[3.14 サニックス杯予選リーグ U-17マレーシア代表 0-2 青森山田高 グローバルアリーナ]

 選手権優勝校・青森山田高の黒田剛監督は、新主将のMF武田英寿(2年)について「やる気を出してやっている。今までのキャプテンがやっていること、それを越えたいと思ってやっている」と強いキャプテンシーを持って取り組んでいることを認めていた。

 昨年のチームはMF檀崎竜孔がシーズンの大半で主将を務め、自分も結果を残しながら背中でチームを引っ張った。そして、選手権全国大会前に主将を引き継いだGK飯田雅浩も周囲にしっかりと意見を伝えながらチームをまとめ、ピッチ上ではチームを勝たせるようなセーブを連発した。

 昨年、同じピッチで2人の背中を見てきた武田は「今年は経験している選手が少ない分、自分が伝えていかないといけない。去年の飯田さんや竜孔さん以上のことをみんなに伝えていかないといけないと思う」と語る。

 武田は昨年、現2年生で唯一のレギュラー。選手権で活躍し、日本高校選抜やU-18日本代表にも選出された。ボールを受ける、さばくの技術、判断に長け、左足のシュート、パスで試合を決めることもできるレフティーは今年のチームの大黒柱でもある。

 ただし、武田は新チームで自分が全てを背負うのではなく、チームメートに助けてもらいながらまとめていく考えだ。「自分一人だけではチームは成り立たないと思うので、そこは周りに助けを求めながら、一人で全員を引っ張るわけではなくてサポートしてくれる仲間がいるので、スタメンの11人だったり、他の選手も含めてチームを引っ張っていけたらなと思っています」と口にした。

 2-0で快勝したU-17マレーシア代表戦では序盤からチームの先頭に立ってプレッシング。加えて、多彩なキック、パスで会場を沸かせていた。後半はミスも増えていたが、コンビネーションなどを高めるのはこれから。名将・黒田監督が「だいぶ強くなった。一回り成長すればプロでも十分やれる」と太鼓判を押す存在が、青森山田の主将らしくプレー、人間性の両方でチームを高めて、目の前の試合を勝ち続けていく。

(取材・文 吉田太郎)

TOP