beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

全日本知的障害者サッカー選手権は静岡県選抜が優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

優勝した静岡県選抜

[3.17 第16回全日本知的障害者サッカー選手権大会'19 チャンピオンシップ](岐阜市内)

 知的障がい者のサッカー全日本選手権が17日、岐阜市内で順位決定戦が行われ、静岡県選抜が奈良バモス選抜を4-3で下し、優勝を飾った。準優勝は奈良バモス選抜、3位福岡県選抜、4位宮城県選抜、5位東京都U‐20選抜、6位山口県選抜となった。

≪大会1日目試合結果≫
A Group(岐阜市北西部運動公園)
第1試合 奈良バモス 2-1 福岡県選抜
第2試合 東京都U-20選抜 0-2 奈良バモス
第3試合 福岡県選抜 3-1 東京都U-20選抜

B Group(岐阜市島西運動場)
第1試合 静岡県選抜 11-0 宮城県選抜
第2試合 山口県選抜 0-5 静岡県選抜
第3試合 宮城県選抜 2-0 山口県選抜

≪大会2日目試合結果≫(17日、岐阜市内)
▼5位決定戦(岐阜市島西運動場)
東京都U-20選抜 4-0 山口県選抜

▼3位決定戦(岐阜市北西部運動公園)
福岡県選抜 8-0 宮城県選抜

▼決勝戦(岐阜市北西部運動公園)
静岡県選抜 4-3 奈良バモス選抜


●障がい者サッカー特集ページ

TOP