beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

リバプールが辛勝…ミルナーPK弾でフルハム下して暫定首位に浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加

PKを決めたジェームス・ミルナー

[3.17 プレミアリーグ第31節 フルハム1-2リバプール]

 リバプールは17日、プレミアリーグ第31節でフルハムの本拠地クレイブン・コテージに乗り込み、2-1で勝った。

 13日にアウェーで行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)バイエルン戦を3-1で制し、準々決勝進出を決めたリバプール。中3日での試合となったが、先発2人の変更にとどめ、MFジョーダン・ヘンダーソンとMFジェームス・ミルナーに代え、MFファビーニョとMFアダム・ララナを起用した。

 今節、勝ち点1差で首位に立つマンチェスター・シティがFA杯(国内杯)で延期となり、2位リバプールとしては暫定首位に浮上してプレッシャーをかけたいところ。前半26分、左サイドで仕掛けたFWサディオ・マネがPA左へ進入。FWロベルト・フィルミーノに預けてマイナスの折り返しをマネが右足で合わせ、先制に成功した。なお、マネは公式戦3試合連続ゴールとなった。

 1点ビハインドのフルハムは後半19分、左サイドからFWアレクサンダル・ミトロビッチがクロスを上げ、MFトム・ケアニーが後方に落としたボールをMFアンドレ・ザンボ・アンギッサが右足一閃。ゴール前にいたFWフロイド・アイテに当たってゴールに吸い込まれたが、アイテがオフサイドだったとして得点は認められなかった。

 もう1点が欲しいリバプールは後半27分、フィルミーノとララナを下げ、FWディボック・オリギとミルナーを投入。直後にDFトレント・アレクサンダー・アーノルドの左CKからマネがヘディングシュートを放つが、惜しくもクロスバーをかすめた。すると、29分にDFフィルヒル・ファン・ダイクのバックパスをMFライアン・バベルに奪われ、フルハムに同点に追いつかれた。

 それでもリバプールは後半35分、FWモハメド・サラーのシュートのこぼれ球に反応したマネがGKセルヒオ・リコのホールディングに遭い、PKを獲得する。これをミルナーが真正面に蹴り込み、2-1と勝ち越す。試合はそのままタイムアップ。リバプールが辛くも勝ち点3をつかみ取った。

●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP