beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[新人戦]広島初制覇の崇徳は中国4位、「止める」「蹴る」をさらに磨いて再び頂点へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

崇徳高CB村上雅徳主将は攻撃参加も得意とするDF。チームを牽引して全国を目指す

[3.18 中国高校新人大会3位決定戦 崇徳高 0-3 就実高 広島スタジアム]

 広島県広島市の私立校、崇徳高は広島県新人大会で初優勝。中国大会では硬さのあった初戦(対豊浦高)こそPK戦での勝利となったが、重里求昭監督が「(集中力が)ぐっと入った」と振り返る米子北高戦では自分たちの良さを出しながら1-0でV候補を撃破した。

 それでも1日2試合となった準決勝・高川学園高戦は身体が動かずに競り負け、この日の3位決定戦も前半に2失点。中学時代にバスケットボールをしていたというエースFW坪井一馬(2年)を投入した後半は個々の技術を活かしてボールを保持しながら前進し、坪井への縦パスから坪井やFW政近悠希(2年)らアタッカー陣がドリブルで仕掛けるなど攻める時間を増やしていた。だが、次の1点を奪われて0-3で敗れる結果となった。

 重里監督は、自分たちの力を出し切ったとは考えていなかった。「(選手たちは)『もっとやれば良かった』と思っていると思います」。3位決定戦では前半、就実高のファイトするサッカーに合わせてしまい、相手にボールを簡単に渡してしまっていた。その間に2点を奪われて悔しい敗戦。チャレンジし、力を出し切ることができなかった。

 普段は30m×30mほどの狭いスペースでトレーニング。CB村上雅徳主将(2年)は「狭い中でも止める、蹴るをやってきた。受け方とかをもっとこだわってやろうというところがあります」。限られた環境の中でボールを「受ける」「止める」「蹴る」技術を磨き、一つの結果を出したが、選手たちはもっと武器を磨いていく必要性を感じたようだ。

 新人戦では結果を残したが、本当の勝負はこれから。村上は「(周りを気にするのではなく)まず自分たちを見て、自分たちがベスト4まで行ったことに満足するのではなく、インハイも選手権もあるのでゼロから自分たちを見つめ直して取り組めるかだと思います。新人戦で満足するのではなくもう一回(広島のタイトルを)獲って自信をつけたい」と力を込めた。自分たちの武器に自信を持ってチャレンジし、インターハイ予選、選手権でもう一度広島の頂点に立つ。

(取材・文 吉田太郎)

TOP