beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2年前の欧州NO.1若手選手、バイエルン退団を示唆「ここで幸せではない。別のクラブで…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

レナト・サンチェスの去就が注目される

 バイエルンに所属するMFレナト・サンチェスが、同クラブからの退団を示唆した。

 ポルトガル代表として18歳時に参加したユーロ2016で素晴らしい活躍を見せて優勝に貢献し、世界に名をとどろかせたレナト・サンチェス。2016年にバイエルンに移籍すると、同年には過去にリオネル・メッシやウェイン・ルーニー、セルヒオ・アグエロ、セスク・ファブレガス、ポール・ポグバ、ラヒーム・スターリングらそうそうたる選手が獲得してきた、欧州最優秀若手選手に与えられるゴールデンボーイ賞を受賞した。

 バイエルンではレギュラーポジションを確保できず、2017-18シーズンには当時プレミアリーグのスウォンジーに移籍。しかし、ここでもレギュラーとなれず、今季からは再びバイエルンに復帰した。今シーズンは公式戦21試合に出場しているが、ほとんどが途中出場。約2年前のゴールデンボーイ受賞時に期待されていたようなポテンシャルを発揮するには至っていない。

 そのレナト・サンチェスは、ドイツ『キッカー』で自身の現状について、「僕はここで幸せではない。たくさん努力しているけど、プレーさせてくれないんだ。もっとプレーしたい。多分、別のクラブだ。そのことについては心配していない」と不満を述べ、今夏の移籍を示唆した。

 今月初めには、「僕は自身の将来像を描いている。(バロンドールは)僕の新たな夢のあとに獲得できれば」と語り、将来的に世界最高の選手になることを見据えていたレナト・サンチェス。その去就に注目が集まる。

●ブンデスリーガ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP