beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「頑張っている姿を見せるのが恩返し」。守護神・伊藤隆介の活躍で近畿大が阪南大に1-0勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

近畿大GK伊藤隆介は完封勝利に貢献した

[3.21 第24回大阪サッカー選手権大会・大学予選1回戦 近畿大 1-0 阪南大 阪南大G]

 第24回大阪サッカー選手権大会の大学予選1回戦が21日に行われ、近畿大阪南大が対戦。DF知念哲矢(新4年=長崎総合科学大附高)の先制点を守り切った近畿大が1-0で勝利した。

 近畿大が今季、掲げるテーマは一体感と変わること。攻守の切り替えを意識しながら、チームと選手が良い方向に変化していくための戦いを目指していく。阪南大に挑んだこの日の一戦でも昨年までからの変化が見られたが、立ち上がりから主導権を握ったのは阪南大だった。

 18人もの選手が怪我で戦列を離れたため、ベンチには4人しかいない状態で試合に挑んだ阪南大だったが、MF江口稜馬(新2年=野洲高)を中心に後方からボールを動かし、ゲームをコントロール。相手エリアではサイドを仕掛けると、前半2分にはMF林雄飛(新4年=野洲高)が左からクロスを入れたが、中央のFW森山裕大(新4年=大社高)とはわずかに合わない。32分にMF稗田圭吾(新3年=福岡U-18)の左クロスから訪れたチャンスも活かせず、須佐徹太郎監督は「決めるべき所で決めていれば違った結果になった」と振り返った。

 対する近畿大も時間の経過と共に「ボール回しや3人目の関わりを継続的に意識してきた」(MF川畑隼人、新4年=履正社高)成果が見え始めた。33分には、DF堀江亮介(新3年=近大附高)のクロスからMF川辺雄貴(新4年=大阪桐蔭高)がゴールを狙ったがGKがブロック。アディショナルタイムにも左CKから知念がゴールを狙ったが、相手DFに阻まれた。

 後半は一進一退の展開が続いたが、12分に左CKのこぼれ球を知念が押し込み、近畿大が先制に成功。以降は守備の集中を切らさず、1-0で近畿大が逃げ切った。「もっとボールを回して落ち着かないといけない場面があった。マイボールにしなきゃいけない所で簡単に獲られたり、慌ててクリアする場面も見られた」(松井清隆監督)が、練習から心がける3人目の動きによる崩しが随所で見られるなど今後に繋がるシーンも多かった。

 試合のマン・オブ・ザ・マッチとして松井監督が挙げたのは、今季から定位置を掴むGK伊藤隆介(新3年=広島ユース)だ。「公式戦は今シーズン初。チーム全体で勝って勢いに乗りたいと思っていた」と意気込んだ一戦で、最後尾からのコーチングで決定機を与えず。「元々は得意じゃなくて松井さんからも『練習しろ』と言われてきた」ハイボールでもミスなく対応した。

 昨年はGK池藤聖仁(現・松江シティFC)が守護神の座に君臨したため、満足に出場機会を得られなかったが、今年はGK陣の中では伊藤が最上級生。「親に大学に行かせてもらった上にサッカーもやらせてもらっているのに、まったく試合に出られていない。頑張っている姿を見せるのが恩返しだと思ったし、自分自身もレベルが高い場所で活躍したかった」と口にするが、「気持ちが空回りして上手くいかない時期があった」。しかし、練習試合から無失点に拘ったことと「冷静になって自分のプレーを分析しなさい」という指揮官からのアドバイスもあり、状態は上を向いている。この日の完封勝利は自信に繋がるだろう。

 元日本代表の守護神である松井監督も伊藤の出来について「危ない場面もあったけど最終ラインをよくオーガナイズしてくれた。サンフレッチェ出身やから、もっとできる。慣れてきたらもっと自信を持ってやれると思う」と高評価。伊藤は今季の目標である総理大臣杯とインカレ出場を果たすために今後もゴールに鍵をかけるつもりだ。

(取材・文 森田将義)

TOP