beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「そんなにしたかなと(笑)」…8発ゴールショーの“陰の主役”はMF三好康児

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-22日本代表MF三好康児

[3.22 AFC U-23選手権予選(東京五輪一次予選)第1節 日本8-0マカオ]

 大量8ゴールが生まれた。その半分を演出したのがU-22日本代表MF三好康児だった。

 前半は苦しんだ。「こういう大会の1試合目で、引いてくる相手に対して、どう自分たちが崩していくかというところで硬くなってしまう部分もある」と振り返ったように、押し込んだ展開で試合を進めながらも得点が生まれない。しかし、後半6分に三好が蹴り出したCKをDF町田浩樹がヘディングで叩き込み、値千金の先制点が生まれた。

「自分たちの精神面だけでなく、相手の精神面も、1点を取る取らないとでは違ったと思う」

 先制点がマカオにダメージを与えたのは間違いなかった。直後の後半9分にFW上田綺世が追加点を奪うと、三好が得点を演出し続ける。同15分に鮮やかな浮き球のパスを上田に届けて2アシスト目を記録すると、さらに2点を追加して迎えた同25分には上田へのスルーパスで3アシスト目。そして、同27分には右サイドを突破して送ったグラウンダーのクロスをFW前田大然が蹴り込み、三好は4アシストを記録した。

 計8発のゴールショーの半分となる4ゴールをお膳立て。本人は「そんなにしたかな(笑)」とおどけつつ、「アシストはいいことだし大事なことだけど、相手も相手。そこは評価されるほどではないと思う」と格下マカオ相手の結果に気を引き締め直す。しかし、白星スタートには「この3試合は3勝するのが一つの目標。先につなげるには1試合しっかり戦えたのは良かった」と素直に喜びを表した。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権2020予選特集ページ
★AFC U23選手権予選3試合をCSテレ朝チャンネルで生中継!!

TOP