beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大量8発勝利も…横内監督代行「初戦の難しさを痛感させられた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-22日本代表を率いる横内昭展監督代行

[3.22 AFC U-23選手権予選(東京五輪一次予選)第1節 日本8-0マカオ]

 終わってみれば8-0の大勝となったが、特に前半は苦しめられた。U-22日本代表を率いる横内昭展監督代行も「予想していた通り、初戦の難しさを痛感させられた前半だったと感じている」と振り返った。

 ボールを保持して押し込む時間帯は続いたが、中央を固めるマカオ守備陣を崩し切れずに試合を動かせない。「密集でなかなかスペースがない状況」だったため、サイドから攻略しようと試みるが、ゴール前の選手とクロスを上げる外の選手とのタイミングが合わずにフィニッシュまで持ち込めない。「影響がなかったとは言えない」という37度の暑さにも苦しめられ、難しい試合になるという「想定もしていた」が、「そうなってほしくなかった」という前半になってしまった。

 だが「別に失点したわけではない。得点は奪えなかったけど、これから45分あって次の得点がすごく重要。取るためには我々がもっとアクションを起こさないといけないし、もっと走らなければいけない」と選手に伝えたハーフタイムをはさみ、後半あたまからFW上田綺世(法政大)を投入してシステムを3-5-2に変更すると、攻撃にリズムが生まれ始める。

 そして、後半6分にセットプレーから生まれたDF町田浩樹(鹿島)の先制点が試合の流れを決定付けた。「あの1点が非常に大きかった。流れの中から取りたかったけど、取れずに前半のようにズルズルいっていたら少し状況が変わっていたかもしれない。あの1点が入った後は本来のボールの動きが随所に出て来たなという感じはする」。

 その言葉どおり、先制後に選手たちは躍動して大量8ゴールを奪うだけでなく、マカオにも得点を許さずに8-0の完封勝利を収めた。大会初戦の難しさを改めて感じた試合となったが、苦しめられた前半に「失点しなくて良かった」と指揮官は安堵の表情を浮かべた。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権2020予選特集ページ
★AFC U23選手権予選3試合をCSテレ朝チャンネルで生中継!!

TOP