beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

柏の開幕連勝がストップ!イ・ヨンジェ決勝点の岡山、今季初の連勝飾る

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山は今季初の無失点で2連勝を記録

[3.23 J2第5節 柏0-1岡山 三協F柏]

 2位の柏レイソルは、10位ファジアーノ岡山をホームに迎えた。試合はFWイ・ヨンジェの決勝点で岡山が1-0で勝利。開幕から4戦全勝だった柏に初めて土をつけた岡山が、今季初の連勝を飾っている。

 GK中村航輔が代表選出中の柏は、GK桐畑和繁が今季リーグで初めてゴールマウスへ。ここまでの4試合をフル出場していたDF鎌田次郎がベンチ外となり、DF上島拓巳がリーグ初出場初先発となった。
 ここまで2勝2敗と五分の岡山は、DF椋原健太を今季初めて先発で起用。そのほかは同じ11人が並び、ここまで2ゴールずつを挙げているMF仲間隼斗が中盤左、イ・ヨンジェが2トップの一角に入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 3-4-3を採用した柏は、両ウイングバックのMF小池龍太とMF菊池大介を高い位置にはらせる。3トップ中央のFWクリスティアーノが右サイドに流れて小池と崩しにかかるが、岡山が粘り強く守りなかなかフィニッシュまでつなげることができない。

 岡山は2トップイ・ヨンジェとFW齊藤和樹に当てて攻撃を組み立てる。2列目の仲間もスペースに顔を出してボールを引き出していたが、アタッキングサードでは柏にうまく対応されチャンスはつくれない。37分にはMF関戸健二がミドルシュートを狙ったが、GK桐畑の正面をついた。

 スコアレスのまま後半に入ると、立ち上がりから柏が攻勢に出る。6分、FW江坂任のスルーパスに走り込んだクリスティアーノがゴール前のFW瀬川祐輔にクロス。ボールはDFにクリアされ、こぼれ球を拾った江坂のミドルシュートも枠をそれた。

 後半16分、ペナルティエリアすぐ外でクリスティアーノが得たFK。MF手塚康平が真横に出したボールをMF大谷秀和がダイレクトで右足を振り抜く。しかし、シュートはクロスバーに嫌われてしまう。

 32分、手塚の右CKを上島がヘディングで合わせるが、ゴールポストに弾かれGK金山隼樹がおさめた。

 そして迎えた37分、試合が動く。岡山の左CKは柏DFにクリアされるが、その浮き球を途中出場のMF武田将平がヘディングで競り勝ち前線に送ると、ボールにイ・ヨンジェが反応。右足でゴールに流し込み、岡山に先制点をもたらした。

 前線に人数を割いてゴールを狙う柏は、後半アディショナルタイムには小池のクロスからクリスティアーノがペナルティエリア内でシュートまで持ち込んだが、またもゴールポストに阻まれてしまう。

 結局試合は1-0のまま岡山が勝利。柏は4試合ぶりの失点と今季初の無得点で、勝ち点を落とした。

(取材・文 奥山典幸)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第5節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP