beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

拓殖大新入部員に市船のU-18代表CB岸本、ルヴァン杯出場の仙台ユースCB山下&MF宮脇ら

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-18日本代表歴を持つCB岸本駿朔(市立船橋高)は拓殖大へ進学する

 18年関東大学2部リーグ8位、FW小林悠(川崎F)らを輩出している拓殖大が、19年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、拓殖大)。

 最注目はU-18日本代表にも選出されている市立船橋高(市立船橋)のエアバトラー、CB岸本駿朔だ。際のところで頑張ることのできるCBは関東2部から成長を目指す。またDF山下諒時とMF宮脇健太(ともにベガルタ仙台ユースはともに昨年、2種登録された仙台でルヴァンカップ・新潟戦に出場。元U-16日本代表候補のCB山下は先発出場し、MF宮脇は交代出場でゴールを決めている。

 また、クラブユース選手権準優勝の大宮アルディージャユース(埼玉)のSB梅本琉生三菱養和SCユース(東京)の10番MF宮本康生とボランチのMF田中恭司、DF神宮司嶺とFW柳堀真輝(ともにジェフユナイテッド千葉U-18)、MF小川開世(東京武蔵野シティFC U-18)も拓大への進学を決めている。

 高体連からもインターハイ8強の三浦学苑高(神奈川)の小柄なCB今野功基、三重第1代表としてインターハイに出場した三重高の万能型DF奥村和暉主将、優勝した関東大会で優秀選手に選出されたMF鏑木瑞生とMF小栗秀哉(ともに前橋育英高)、名門・鹿児島実高(鹿児島)の大型ボランチ・福井悠、埼玉の強豪・西武台高からいずれも主軸のMF深代陸、CB松井豊、GK高麗稜太の3選手、伝統校・武南高(埼玉)のMF塩崎正巳、そしてGK高原優(水戸啓明高)とGK湊谷友(東海大静岡翔洋高)も入部予定リストに名を連ねている。

以下、拓殖大の入部予定選手
▼GK
高麗稜太(西武台高)
高原優(水戸啓明高)
湊谷友(東海大静岡翔洋高)
▼DF
梅本琉生(大宮アルディージャユース)
山下諒時(ベガルタ仙台ユース)
神宮司嶺(ジェフユナイテッド千葉U-18)
松井豊(西武台高)
今野功基(三浦学苑高)
岸本駿朔(市立船橋高)
奥村和暉(三重高)
▼MF
宮脇健太(ベガルタ仙台ユース)
田中恭司(三菱養和SCユース)
宮本康生(三菱養和SCユース)
塩崎正巳(武南高)
福井悠(鹿児島実高)
小栗秀哉(前橋育英高)
小川開世(東京武蔵野シティFC U-18)
鏑木瑞生(前橋育英高)
深代陸(西武台高)
▼FW
柳堀真輝(ジェフユナイテッド千葉U-18)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。

TOP