beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

D・ヴィエイラの加入後初弾が決勝点! 広島が3連勝で無敗キープ…大分は2選手がJ1新天地デビューも連勝ストップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝ゴールを決めた広島FWドウグラス・ヴィエイラ

[3.30 J1第5節 大分0-1広島 昭和電ド]

 J1第5節が30日に開催され、4位サンフレッチェ広島は敵地で3位大分トリニータに1-0で完封勝ちした。後半12分に生まれたFWドウグラス・ヴィエイラの加入後初ゴールが決勝点。3連勝を飾り、開幕5試合無敗(3勝2分)とした。

 第4節終了時点で6得点と高い攻撃力を武器に3位を走る大分と、1失点の堅守で4位につける広島の対決。開始からゴール前の攻防が続く中、互いにディフェンスの集中力を切らさず、スコアが動かないまま前半の終盤を迎える。

 大分に隙が生まれたのは前半42分。広島のMF柏好文が左サイドでDF岩田智輝にプレッシャーをかけると、流れたボールをD・ヴィエイラが拾ってPA内左へ進入する。中央へのパスは相手に阻まれるが、外側から駆け上がった柏がこぼれ球に反応し、右足でシュート。しかし、わずかにゴール右へ外れ、先制点は奪えなかった。

 それでも広島は後半12分に均衡を破る。高い位置でボールを回収し、PA手前右でパスを受けたMF柴崎晃誠が右足で正確なクロス。PA内中央のD・ヴィエイラがやや戻りながら頭で合わせ、ゴール左に押し込む。D・ヴィエイラの移籍後初得点で広島が先制した。

 追いかける大分は後半20分にMFティティパンとの交代でFW後藤優介、同28分にはDF福森直也を下げて加入後初出場となるDF三竿雄斗を投入。さらに同34分、MF高山薫に代えてMF小林成豪をピッチへ送り出す。小林はルヴァン杯で2試合に出場していたが、リーグ戦ではこれが移籍後初出場となった。

 しかし、大分は最後まで1点が遠く、0-1の完封負け。3試合ぶりの黒星を喫し、連勝は2で止まった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第5節2日目 スコア速報

TOP