beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

リベロ長谷部、10戦連続フル出場で10戦無敗!フランクフルトは5連勝でCL圏4位に浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリアハイのシーズンを過ごすMF長谷部誠

[3.31 ブンデスリーガ第27節 フランクフルト3-0シュツットガルト]

 ブンデスリーガは31日、第27節を行い、MF長谷部誠が所属するフランクフルトシュツットガルトを3-0で下した。長谷部はリベロの位置で先発し、10試合連続のフル出場を果たした。

 フランクフルトが試合を動かしたのは前半45分だった。ボール奪取からショートカウンターに転じ、FWルカ・ヨヴィッチが寄せてくる相手2人をかわしてドリブル突破し、右足シュート。これはブロックに阻まれたが、こぼれ球に走り込んだMFフィリプ・コスティッチが押し込み、1-0で前半を折り返した。

 長谷部はシュツットガルトのカウンターを阻止し、コースを切って角度のない位置から打たせるなど、堅守を牽引。フランクフルトは鋭いカウンターからゴールに迫り、後半19分、FWアンテ・レビッチの長いスルーパスに走り込んだコスティッチがGKの股間を抜いて左足で流し込み、2-0。コスティッチは今季初のドッペルパック(1試合2得点)を達成した。

 後半39分にはヨヴィッチがダメ押しの3点目。攻守が噛み合い、3-0で完封勝利をおさめたフランクフルトは5連勝。来季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場圏内の4位に浮上した。2019年に入ってからは10戦無敗(6勝4分)とし、長谷部はその全試合にフル出場し、好調を支えている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP