beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[船橋招待U-18大会]ライバル追う前橋育英MF渡邉主将は先輩MF鈴木徳真のようなボランチへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

前橋育英高MF渡邉綾平主将は船橋招待U-18大会でも中盤の中心に

 群馬の名門・前橋育英高で唯一、2年時からのレギュラー。MF渡邉綾平主将(新3年)は先輩MF鈴木徳真(現徳島)のようなボランチを目指している。

「育英の例で言いますと、鈴木徳真さんが一番身近な選手かなと思っている。守備で後ろから支えるというのが自分の役割だと思っているので、凄く徳真さんのプレーは動画とか見て意識しているところです」

 鈴木は14年度選手権準優勝時の主将でU-17ワールドカップにも出場したボランチだ。長短のパスで攻撃の中心にもなっていた鈴木だが、高校時代、特に印象的だったのが守備面だった。名将・山田耕介監督も認めた的確な読み、そしてアプローチスピードの速さ。相手の攻撃の芽を摘み取り、味方の攻撃に繋げていた。

 渡邉も1タッチパスを多用する今年のチームで組み立ての部分や展開力を発揮する選手だが、本人がそれ以上に意識しているのは守備の部分。その役割を果たした上で攻撃も守備も高いレベルでプレーできる選手を目指す。

 渡邉は1年時、U-15日本代表の常連だった。同じ02年早生まれの高体連選手、FW西川潤(桐光学園高)とMF荒木遼太郎(東福岡高)は昨年のAFC U-16選手権で活躍し、今年は高体連を代表する選手として注目されている。

「個人的には全国的に活躍している同級生の選手を越せるように、意識しながらやっていきたい。一番は(西川)潤や(荒木)遼太郎とかは先にチャンスを掴めているので、悔しいですけれども自分のストロング活かしてその2人にも勝っていけるようにやっていきたい」。意識する2人に負けないように、訪れたチャンスを必ず活かすつもりでいる。

 渡邉は身長170cmほどで特別な身体能力を持つ選手ではない。また、前橋育英の中盤の争いは非常に激しく、彼ほどの実力者でも安泰ではないだろう。それでもチームの発信源としても期待されるMFは「去年から出ていた分、発信していくのが自分の役目だと思っているので、ピッチ外でもみんなの納得するプレーや行動をしていかないと、みんな付いて来てくれないと思うので、心がけてやっています」。意識している先輩MF鈴木も背中と声でチームを牽引したリーダー。渡邉もチーム一の努力で世代を代表する選手たちに近づき、チームメートを背中で引っ張って目標の選手権奪還、インターハイ優勝、プレミアリーグ昇格を勝ち取る。

(取材・文 吉田太郎)

TOP