beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

堂安フル出場のフローニンゲンが完封勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

フローニンゲンMF堂安律

[4.2 エールディビジ第28節 フローニンゲン1-0デ・フラーフスハップ]

 オランダ・エールディビジは2日に第28節を開催し、MF堂安律とDF板倉滉が所属するフローニンゲンデ・フラーフスハップをホームに迎え、1-0の完封勝利を収めた。先発出場した堂安はフル出場を果たし、ベンチスタートとなった板倉に出場機会は訪れなかった。

 前節AZに0-1で敗れて8試合ぶりの黒星を喫したフローニンゲンは、16位に沈むデ・フラーフスハップを相手になかなか攻撃のリズムを生み出せない。前半38分にはCKからDFデヨファイシオ・ゼーファイクが放ったシュートのこぼれ球を堂安が押し込むが、その前にオフサイドがあったとしてゴールは取り消された。

 0-0のまま後半を迎てもスコアが動かずに試合が進むと、同19分にフローニンゲンベンチが動き、FWパウル・グラドンとDFジャンゴ・ワーマーダンを同時投入して状況を打開しようと試みる。

 後半30分には右サイドでボールを受けた堂安がPA内まで持ち込んで右足シュートを放つも、GKニヘル・ベルトラムスに阻まれてしまう。しかし、このプレーで得たCKを堂安が蹴り出すと、DFマイク・テ・ビーリクが放ったシュートのコース上にいたグラドンが流し込み、フローニンゲンが先制に成功した。その後フローニンゲンに追加点こそ生まれなかったものの、デ・フラーフスハップの反撃を許さずに逃げ切って1-0で勝利した。

●オランダ・エールディビジ2018-19特集
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中

TOP