beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

神戸、筑波大DF山川哲史の来季加入内定を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

山川哲史が来季加入へ

 ヴィッセル神戸は5日、2020シーズンより筑波大DF山川哲史(21)の加入が内定したことを発表した。また、『2019年JFA・Jリーグ特別指定選手』として承認されたことも併せて発表している。

 神戸の下部組織出身で身長186cmをいかしたヘディング、激しくクレバーな守備力を武器とする山川。先月行われたデンソーカップチャレンジサッカー大会では全日本選抜の一員として4年ぶり優勝に貢献し、ベストイレブンに選出されていた。山川はクラブを通じて以下のようにコメントしている。

「ヴィッセル神戸ではアカデミーに6年間所属し、サッカー選手として、また一人の人間として非常に成長させていただきました。そんな思い入れのあるクラブでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います。

 これまで私を応援し、支えてくださった両親、家族をはじめ、指導者の方々、学校の先生方、チームメイト、友人、応援して下さる方々、私に関わって下さった全ての人に感謝しています。ヴィッセル神戸の一員としてアジアNO.1のクラブになれるよう共に成長し、ヴィッセル神戸に関わる全ての人を幸せにすることで恩返ししたいです。応援よろしくお願いします。

 また大学サッカーの筑波大学蹴球部も盛り上がっておりますので目を向けて頂けると有り難いです」

●DF山川哲史
(やまかわ てつし)
■生年月日
1997年10月1日(21歳)
■身長/体重
186cm/79kg
■出身地
兵庫県尼崎市
■経歴
笹原SC-神戸U-15-神戸U-18-筑波大
■背番号
39
■代表歴
U-17日本代表(2014)
全日本大学選抜(2018、2019)
■プレーの特徴
長身を活かしたヘディングと激しくクレバーな守備力、常にチームのためにプレーできるセンターバック

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP