beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

クロップ監督「マンCの4冠の可能性はある。しかし…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユルゲン・クロップ監督が今季終盤の展望を語る

 リバプールユルゲン・クロップ監督は、もし立場などを考えずに見るのであれば、マンチェスター・シティの4冠の可能性はあると認めた。4日、英『ミラー』が伝えている。

 シティは既にカラバオ杯を制覇。2月の決勝・チェルシー戦ではPK戦の末に連覇を成し遂げた。6日にはFA杯の準決勝・ブライトン戦が控えており、さらに9日にはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝でトッテナムと対戦する。プレミアリーグでは2位リバプール(勝ち点79)と1差の勝ち点80で首位に立っている。

 しかしリバプールもプレミアリーグと欧州CLの2冠の可能性は残っている。クロップ監督はシティがすべての試合を落とさないということはまったく考えていないようだ。

「シティが4冠を獲る可能性もあると思う。もし外から状況を見るのであればね。今のシティはおそらく世界で最高のチームだ。バルセロナ、ユベントス、そしてシティがチャンピオンズリーグの優勝候補だよ。そしてこう思うわけだ。『この中だったらシティが頭一つ安定しているね』と」

「しかしだからといってすべての試合に勝つというわけじゃない。そういう風に予想する人もいるだろうが、そんなに簡単にはいかないと思う。賭けるつもりはないけどね。オッズがどういうには興味が無いんだ」

「シティのプレーを俯瞰的に見れば、4冠の可能性はある。だがシティの試合を90分間しっかり観ている人がどれだけいる?人々がどう考えているのかには興味がない。特に私たちを応援していない人についてはね」

「過小評価されてるとかそんなことは感じないな。どうでもいいことだ。私が興味があるのは自分たちのサッカーだけ。試合に勝つ以外のことはできない。残りの試合はすべて勝ちにいくつもりだ」

 リバプールは5日のプレミアリーグ第33節でサウサンプトンと、9日の欧州CL準々決勝第1戦ではポルトと対戦する。

●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP