beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

玉田が華麗FK含む2ゴール!終盤追いついた長崎は山口と勝ち点1分け合う

このエントリーをはてなブックマークに追加

2ゴールを挙げた玉田圭司

[4.7 J2第8節 長崎2-2山口 トラスタ]

 J2リーグは7日に第8節を行った。トランスコスモススタジアム長崎ではV・ファーレン長崎レノファ山口FCが対戦し、2-2で引き分けた。互いに連敗は免れたが、長崎は3試合(1分2敗)、山口は5試合(2分3敗)未勝利となっている。

 2連敗中の長崎は、3日の柏戦(0-3)から先発3人を変更。DFチェ・キュベックとDF香川勇気、FW長谷川悠を起用した。対する4戦未勝利(1分3敗)の山口は、徳島戦(1-2)から2人を変更。4日に広島から育成型期限付き移籍で加入したMF川井歩とMF吉濱遼平が先発に入った。川井はJリーグデビューとなる。

 試合は前半10分に動く。山口は敵陣中央にいたMF三幸秀稔がMF田中パウロ淳一の横パスをダイレクトで最終ラインの裏へ送る。これに反応して抜け出したDF前貴之がPA右から右足シュートをゴール左に流し込んで先制点。12分には、右サイド浅い位置から吉濱が左足で浮き球パスを送る。タイミング良く抜け出したFW高井和馬が、飛び出したGKをあざ笑うかのようなループシュートを決め、2-0とした。

 2点を追う長崎は前半19分に決定機。中央から左へ斜めにMF澤田崇がドリブルで仕掛け、中央の空いたスペースにパスを送り、FW玉田圭司が左足シューを放つ。しかし、タイミングよく飛び出したGK山田元気のファインセーブに阻まれてしまう。

 それでも長崎は前半26分、PA右手前でMF磯村亮太が倒されてFKを獲得。キッカーの玉田が左足で蹴り込むと、壁の上を越えたシュートが美しい軌道を描いてゴール右に吸い込まれ、前半のうちに1点を返した。

 玉田の移籍後初ゴールで1-2とした長崎は、後半開始からMF吉岡雅和を下げてMF大竹洋平を投入する。だが、山口にボールを支配され、なかなか好機を作り出すことができない。23分には長谷川をFW呉屋大翔、33分にはDFチェ・キュベックをFWイ・ジョンホに代え、勝負に出た。

 時間は1点差のまま推移。このまま山口が守り切るかと思われたが、後半43分に長崎が追いつく。大竹のスルーパスから呉屋が放ったシュートはGK山田に止められたが、ゴール前に走り込んでいた玉田が左足で無人のゴールに決めて2-2。長崎が引き分けに持ち込んだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第8節 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP