beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長谷部フル出場で2019年は11試合無敗!フランクフルトが6連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

攻撃のスイッチを入れたMF長谷部誠

[4.6 ブンデスリーガ第28節 シャルケ1-2フランクフルト]

 ブンデスリーガは6日、第28節を行い、MF長谷部誠が所属するフランクフルトシャルケを2-1で下し、 6連勝を飾った。長谷部はリベロの位置で先発し、11試合連続のフル出場を果たした。

 地力で上回るフランクフルトは序盤から積極的に攻め込み、先手を取った。前半13分、左サイドから持ち上がったMFフィリプ・コスティッチが絶妙なスルーパスを供給。背後に走りこむFWアンテ・レビッチの足元にぴたりと合わせると、レビッチはGKをかわして右足シュートを沈めた。

 残留争い中のシャルケも意地を見せ、前半21分、PA右のFKからMFスアト・セルダルが同点ゴール。後半はクリアを試みた長谷部のミスから押し込まれる窮地もあったが、辛くも失点は逃れた。すると、1-1のまま突入した後半アディショナルタイムに試合は動く。

 シャルケは後半アディショナルタイム4分、セルダルが2枚目の警告で退場となる。同5分にはコスティッチのシュートが相手のハンドを誘い、PKのチャンスを獲得。キッカーはFWルカ・ヨヴィッチ。強烈キックでゴール上部をぶち抜いた。

 フランクフルトが2-1で競り勝ち、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場圏内の4位をキープ。2019年に入ってから11戦無敗(7勝4分)とし、長谷部はその全試合にフル出場している。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP