beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

敵将も絶賛!2ゴールの鎌田大地へ「近年見たことがない。リーグ最高のストライカー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 シントトロインデンのMF鎌田大地へ、敵将からも称賛の言葉が届いている。ベルギー『VOETBAL』が伝えた。

 ジュピラーリーグ・プレーオフ2第3節で、ウェスターロと対戦したシントトロインデン。先制点を奪われたが、鎌田が後半に2ゴールを奪って逆転に成功。しかし終盤に追いつかれ、2-2のドローで試合を終えた。

 この試合で2ゴールを挙げた鎌田は、今季のゴール数を14に伸ばしている。試合後、ウェスターロのボブ・ピーターズ監督は22歳MFを手放しで褒め称えた。

「カマダのような選手は近年ジュピラーリーグ1部で見たことがない。このリーグで最高のストライカーだと思う。一度もボールを失わなかったのではないだろうか」

「ゴールへ向かってシュートするたびに、誰かの頭やブロックで止めるという幸運が必要だった。チームのために違いを作っていたね」

 また『VOETBAL』は「長くシャドーストライカーとしてプレーしていたが、ロマン・ベズスの移籍に伴いよりアタッキングMFとしてプレーしている」と、好調の要因について分析している。

 ジュピラーリーグ初挑戦ながら、得点ランク4位につけるなど活躍を見せる鎌田。先日日本代表初キャップを飾った22歳MFだが、現地でも評価は高まっているようだ。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP