beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

前C大阪監督の尹晶煥、タイ強豪クラブの指揮官に就任

このエントリーをはてなブックマークに追加

前C大阪監督の尹晶煥氏がムアントン・ユナイテッドの指揮官に

 タイ1部のムアントン・ユナイテッドは8日、新監督に昨季までセレッソ大阪を率いていた尹晶煥氏を招聘したことを発表した。

 現役時代に全北現代やC大阪、サガン鳥栖などでプレーした尹晶煥は、引退後に指導者の道に進み、鳥栖でユースやトップチームでコーチを務め、2011年1月に監督に就任。その後、蔚山現代を経て、2016年12月にC大阪の監督に就任し、就任1年目でルヴァン杯と天皇杯の2冠に導き、2018シーズン限りで退任した。

 タイの強豪ムアントン・ユナイテッドは、今季ここまで2勝5敗で降格圏の15位に低迷。先月31日にトッチャタウァン・スリパン監督が退任していた。チームには、昨季までサンフレッチェ広島でプレーしていたFWティーラシンや元韓国代表MFイ・ホらが所属している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP