beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ルーキー檀崎がプロ初ゴール! 武蔵がハット! 湘南下した札幌がルヴァン杯初勝利で首位浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF檀崎竜孔がプロ初ゴール

[4.10 ルヴァン杯グループA第3節 札幌4-1湘南 札幌ド]

 ルヴァン杯は10日、グループステージ第3節を行い、北海道コンサドーレ札幌はホームで湘南ベルマーレを4-1で下した。FW鈴木武蔵がハットトリックを達成し、MF檀崎竜孔がプロ初ゴール。主力も起用した札幌がルヴァン杯初勝利を挙げた。

 先手を取ったのは札幌だった。前半23分、MFルーカス・フェルナンデスがPA右から仕掛けてファウルを誘い、PKを獲得する。キッカーは鈴木武蔵。右足でGKの逆を突き、ゴール左下隅に突き刺した。1点ビハインドとなったチョウ・キジェ監督は早くも最初の交代枠を使い、前半28分、MF新井光を下げてMFレレウを投入した。

 しかし、次の1点を奪ったのも札幌だった。前半40分、2020年加入が内定している日本大MF金子拓郎が左サイドからクロスを入れ、最終ラインの裏に抜け出した鈴木がGKとの1対1の局面を迎えると、並走する檀崎にラストパス。檀崎が右足ダイレクトで押し込んだ。

 今季、青森山田から加入した檀崎はこれが記念すべきプロ初ゴール。ジャンプ一番、喜びを爆発させた。前半41分にはセンターサークル内から檀崎がワンタッチで浮き球のスルーパスを供給。背後に走り込んだ鈴木がドリブルで持ち上がり、右足シュートでGKとの1対1を制した。

 札幌が3点リードで折り返した後半も試合は打ち合いの様相を呈す。後半5分、湘南はDF秋野央樹のスルーパスで抜け出したレレウが流し込み、1点を返す。札幌も後半8分、こぼれ球に反応した檀崎がワントラップから左足で蹴り込んだが、シュートは惜しくもクロスバーを叩いた。

 札幌は攻撃の手を緩めず、後半20分、カウンターで持ち上がったMF岩崎悠人がスルーパス。抜け出した鈴木が冷静に左足で押し込み、4-1。3月シリーズで日本代表初キャップのエースがハットトリックを達成した。

 湘南は2枚目の交代枠を使い、後半21分にMF鈴木冬一を投入。札幌も後半24分、鈴木武蔵を下げ、来季加入内定の筑波大MF高嶺朋樹を投入した。そのままタイムアップを迎え、札幌が4-1で勝利。A組首位に浮上した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●ルヴァン杯2019特設ページ

TOP