beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

本田出場メルボルンは3連敗で敗退濃厚…大邱、広州、広島が勝ち点6で並ぶ大接戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

先発出場の本田は後半28分まで出場した

[4.10 ACL第3節 広州恒大4-0メルボルンV]

 AFCチャンピオンズリーグの第3節で、グループFを戦うMF本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)は敵地で広州恒大(中国)に0-4で敗れた。本田は先発出場だったが、後半28分に途中交代した。3連敗のメルボルン・Vは敗退が、グループリーグ突破が絶望的となった。

 韓国・大邱での第2節アウェー戦を1-3で落としていた広州恒大だが、ホームではやはり強かった。前半6分、10分と FWアンデルソン・タリスカの連続ゴールによってリードを広げた広州は、前半42分にもFWヤン・リーユーが加点。3点のリードを持って前半を折り返すと、後半28分にはFKの混戦からオウンゴールを誘発し、4点目を奪った。

 グループFのもう一試合は、サンフレッチェ広島がホームで大邱FC(韓国)に2-0で快勝。大邱に初黒星をつけ、2連勝で勝ち点を6に伸ばした。そして広州もメルボルン・Vに4-0で勝利したことで勝ち点は6。大邱、広州、広島の3チームが勝ち点6で並ぶことになった。

 順位決定方法は当該対戦成績が優先されるが、3チームの勝敗は1勝1敗。ただし総得点で下回る広島がまずは3位。大邱は広州に勝利しているため、3節終了時では大邱が1位、広州が2位となった。

 第4節は4月23日に開催。広島は敵地で大邱と、広州は敵地でメルボルン・Vと対戦する。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2019特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP