beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本が2023年の女子W杯に正式立候補、招致登録書を提出

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は2011年女子W杯で優勝

 日本サッカー協会(JFA)は12日、11日付で国際サッカー連盟(FIFA)に『FIFA 女子ワールドカップ2023』の招致登録書を提出したことを発表した。

 FIFAは意見表明書の提出期限となっていた3月15日までに日本を含む9協会の招致の意思を確認しており、今回の招致登録書の提出が正式な招致立候補となる。日本以外の8協会は南アフリカ、アルゼンチン、オーストラリア、ボリビア、ブラジル、コロンビア、韓国(北朝鮮と共催の可能性)、ニュージーランド。

 女子W杯は1991年に中国で第1回FIFA女子世界選手権として開催。03年よりFIFA女子W杯に名称が変更した。日本は第1回大会から連続で出場し、11年には優勝、15年には準優勝を果たしている。今年6月7日から開催されるフランス大会にも出場する。

以下、スケジュール

・2019年3月15日
「意思表明書」をFIFAに提出
・3月18日
FIFAが招致登録ならびに概要書類を意思表明国に送付
・4月16日まで
大会招致意思の再確認、招致登録書をFIFAに提出
・4月18日
FIFAが招致及び開催に関する書類を招致登録国に送付
・10月4日まで
招致及び開催に関する最終書類、開催合意書などをFIFAへ提出
・2020年3月
FIFAカウンシルにおいて開催国を指名(予定)

●女子ワールドカップ2019特集

TOP