beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本人対決はともに出番なし…ニューカッスル、ボール保持率28.5%もリード守り抜く

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡崎慎司武藤嘉紀はベンチ入りも出番なし

[4.13 プレミアリーグ第34節 レスター・シティ0-1ニューカッスル]

 日本人対決はともに出番なしに終わった。プレミアリーグ第34節が12日に行われ、FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルはアウェーでFW岡崎慎司の所属するレスター・シティと対戦し、1-0で勝った。

 決勝点は前半32分に生まれた。MFミゲル・アルミロンの仕掛けからこぼれたボールを左サイドで回収したMFマット・リッチーがクロスを供給。ニアに飛び込んだFWアジョセ・ペレスが頭で合わせ、ニューカッスルがリードを守り抜いた。なお、ニューカッスルのポゼッション率は28.5%だった。

 武藤と岡崎はベンチスタート。ともに最後まで出番はなかった。

●プレミアリーグ2018-19特集
●海外組ガイド
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP