beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

富樫敬真の強烈ヘッドが炸裂!福岡に完封勝ちの町田が3戦ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加
[4.13 J2第9節 福岡0-2町田 博多陸]

 J2リーグは13日、第9節1日目を行った。東平尾公園博多の森陸上競技場ではアビスパ福岡FC町田ゼルビアが対戦。FW富樫敬真の1ゴール1アシストの活躍により町田が2-0で勝った。

 ホーム連勝を目指す福岡は7日の横浜FC戦(1-1)から1人を変更。DF實藤友紀に代えて、MFウォン・ドゥジェが6試合ぶりに先発に名を連ねた。対する町田は甲府戦(1-1)から4人を入れ替え、DF下坂晃城とDF藤井航大、MFロメロ・フランク、MF中島裕希を起用した。

 先制点は前半18分だった。敵陣中央で中島がパスカットした町田は、左サイドからDF下坂晃城が左足でクロスを供給し、右ポスト付近でFW富樫敬真が打点の高いヘディングシュートを叩き込み、先制のゴールネットを揺らした。

 福岡は3バックで試合に入ったが、前半25分頃から4バックに変更。安定した守備からいい形で攻撃につなげると、前半41分に右サイドをオーバーラップしたDF三國ケネディエブスの折り返しにMF松田力が飛び込むが、わずかに合わず。42分には、ドリブルでPA左へ進入したDF輪湖直樹が中央に折り返してFWヤン・ドンヒョンが左足シュート。しかし、GK増田卓也のファインセーブに阻まれ、前半を0-1で終えた。

 均衡した状況が続く中、1点ビハインドの福岡は後半17分、MF鈴木惇に代えてFWフェリクス・ミコルタを投入。25分にはMF前川大河をFW木戸皓貴に代えた。一方の町田は22分にFWジョン・チュングンを下げてFW山内寛史を送り込んだ。だが、互いになかなか決定機を作り出せず、31分には輪湖とDF酒井隆介がヒートアップして、両軍入り乱れた乱闘騒ぎに発展した。

 町田は後半33分に中島を下げてMF森村昂太、福岡は40分に輪湖を下げて、今季トップチーム昇格のMF北島祐二をデビューさせた。すると、終了間際にスコアが動く。町田は44分、PA右手前から富樫が左足でPA左へ浮き球パスを供給。森村がファーストタッチから素早く左足を振り抜き、強烈なシュートをニアに突き刺した。

 試合は2-0でタイムアップ。町田が完封勝利をおさめ、3試合ぶりの白星を飾った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第9節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP