beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

近づく降格の足音…原口フル出場も最下位ハノーファー8連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF原口元気

[4.13 ブンデスリーガ第29節 ハノーファー0-1ボルシアMG]

 ブンデスリーガは13日、第29節を行い、MF原口元気とFW浅野拓磨が所属するハノーファーボルシアMGに0-1で敗れた。原口は9試合連続で先発出場。“起用禁止令”の浅野はメンバー外だった。

 原口は右ウイングの位置で先発出場。ハノーファーは前半16分、原口がカウンターの起点となってゴールに迫ったが、先制機を逸した。スコアレスで前半を折り返すと、後半8分に失点。ボルシアMGはMFフロリアン・ノイハウスのシュートのこぼれ球をFWラファエルが沈め、先制点を奪った。

 原口はインサイドハーフにポジションを変えて奮闘したが、反撃は実らなかった。ハノーファーは0-1で敗れ、泥沼の8連敗。あす試合を控える残留圏の15位アウクスブルクとの勝ち点は「11」差。残すは5試合となり、降格の足音が近づいている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP