beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

天才には見えていた堅守の隙…イニエスタの“魔法”で広島が今季初の複数失点

このエントリーをはてなブックマークに追加

2ゴールを演出したMFアンドレス・イニエスタ

[4.14 J1第7節 神戸2-4広島 ノエスタ]

 ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタが14日、ホームで行われたJ1第7節・サンフレッチェ広島戦(2-4)で見事な2アシストを記録した。

 まずは前半15分、左サイドのFKから右足でクロスを送り、フリーでPA内中央に飛び込んだFWウェリントンの頭にピタリ。広島のクラブ記録だった連続無失点試合を5で止めるゴールを演出する。

 そして1-1で迎えた前半28分だった。右サイドでウェリントンが倒されて神戸ボールのFKになると、両チームの選手たちが足を止める中、イニエスタは一度ボールを右手で押さえてから素早くスルーパス。これを感じ取っていたFW古橋亨梧がPA内右にフリーで抜け出し、GKとの1対1から勝ち越しゴールを挙げる。

 試合は2-4で敗れたが、開幕からわずか1失点の広島を相手に今季初めて複数ゴールを奪う原動力となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第7節2日目 スコア速報

TOP