beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関西]1部初挑戦の関福大が初の勝ち点ゲット! 同じく昇格組・大経大も…大体大&びわこ大は2連勝:前期第2節

このエントリーをはてなブックマークに追加

1部初挑戦の関西福祉大が初の勝ち点を獲得

第97回関西学生サッカーリーグ1部


 第97回関西学生サッカーリーグ1部の第2節が13、14日に各地で行われた。1部初挑戦の関西福祉大関西学院大と対戦して1-1のドロー。初の勝ち点を手にした。

 2015年の創部からステップアップを続けた関福大は今季から初の1部リーグに挑戦する。開幕戦は王者・大阪体育大と対戦したが、0-2で敗戦。公式記録上のシュート数も前後半1本ずつと、力の差を痛感する結果となっていた。

 関福大は今節の関学大にも猛攻を浴びる。しかし試合後の記録では21本のシュートを打たれたが、前半24分の1失点に抑えた。逆にチャンスを迎えた後半2分、FW西尾和真(3年=綾羽高)のパスを受けたMF大深拓海(2年=大阪桐蔭高)がPA左から決め切り、1部初得点を記録。試合はそのまま1-1で終了し、創部史上初の1部リーグでの勝ち点1を得ることとなった。

 同じく昇格組の大阪経済大桃山学院大と対戦する。シュート数では一方的に攻め続けられたが、無失点に抑え続けて試合終了。0-0のドローに終わり、こちらも勝ち点1を獲得した。

 びわこ成蹊スポーツ大立命館大との接戦を制す。前半21分にFW小畑翔太郎(4年=広島工大高)が先制点を挙げるが、同29分には失点。そのまま試合は拮抗した展開で続く。均衡が破れたのは後半41分、FW青山景昌(4年=名古屋U18)がPKを決め、勝ち越しに成功。2-1で開幕連勝となった。

 王者・大体大も大阪産業大に3-0で開幕2連勝。前半終了間際にDF木出雄斗(3年=星稜高)が、後半開始6分にはFW藤山雄生(3年=大津高)が立て続けに2得点を挙げると、試合終了間際にはルーキーMF野寄和哉(1年=東福岡高)がダメ押しの3点目を挙げた。

 京都産業大阪南大に2-0で勝利し、今季初白星。FW堤原翼(3年=京都橘高)が前半40分にヘディングシュートで、後半14分には右足シュートで2連弾を挙げ、勝利に貢献した。

 関西大近畿大は1-1のドローに終わった。近大が前半19分に先制するが、関大は後半アディショナルタイム4分過ぎ、MF牧野寛太(4年=履正社高)が絶妙なFKを蹴り込むと、最後はMF松本歩夢(3年=G大阪ユース)が頭で合わせて劇的同点弾となった。

 大体大が安定感をみせ、2試合5得点完封で首位に浮上。同じく連勝のびわこ大が2位に位置している。第3節は17日の水曜日開催となる。

結果は以下のとおり

【前期第2節】
(4月13日)
[J-GREEN堺・天然芝フィールド]
桃山学院大 0-0 大阪経済大

関西大 1-1 近畿大
[関]松本歩夢(90分+4)
[近]川畑隼人(19分)

[西京極総合運動公園陸上]
阪南大 0-2 京都産業大
[京]堤原翼2(40分、59分)

びわこ成蹊スポーツ大 2-1 立命館大
[び]小畑翔太郎(21分)、青山景昌(36分)
[立]延祐太(29分)

(4月14日)
[山城総合運動公園太陽が丘陸上]
関西学院大 1-1 関西福祉大
[学]山本悠樹(24分)
[福]大深拓海(47分)

大阪体育大 3-0 大阪産業大
[体]木出雄斗(45分+1)、藤山雄生(51分)、野寄和哉(90分)

●第97回関西学生リーグ特集

TOP