beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンUの逆転の可能性は…バルサ守護神「僕たちはパリSGと違う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

前日会見に出席したGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン

 バルセロナは16日にUEFAチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグ、本拠地カンプ・ノウでのマンチェスター・ユナイテッド戦に臨む。前日会見に出席したGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは、ボールをしっかり保持することが突破への鍵になるとの見解を示している。

 アウェーでのファーストレグを1-0で先勝しているバルセロナ。しかしユナイテッドは決勝トーナメント1回戦のパリSG戦で0-2ビハインドから逆転を果たしているため、油断はできない。

 テア・シュテーゲンはバルセロナのボールを保持するスタイルが、そうしたユナイテッドの逆転を防ぐ武器になるとの考えを口にした。

「ユナイテッドのゲームプランは明日に分かることだ。良い要素として挙げられるのは、僕たちがパリSGとは違う形でプレーするということだね。ファーストレグの結果は危険なものだ。僕たちはいつも通りボールを保持しなくては。自分たちに忠実なプレーを見せる必要がある。そこからチャンスを生み出して、より良い結果を目指すことになる」

「彼らも、僕たちにも次ラウンドへ進む意欲がある。僕たちはファーストレグの結果を守るのではなく、自分たちの方が上であることを示さなくちゃならない。そのためには良いパフォーマンスを見せる必要があるんだ」

 テア・シュテーゲンはまた、バルセロナのGKが他チームのGKと役割が違うことを説いている。

「最初は、ここのプレー方法に適応しないといけない。それは日々を通じて慣れ親しんでいくことだ。そして試合では常に集中していなくては。90分間、いつどんなシュートに対しても心構えが必要なんだよ。1試合の中では、いつも1本か2本のシュートを打たれる。バルセロナのGKは、そこで輝かなくてはいけない」

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP