beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサ、結局ヨビッチ獲得に動かず…理由はメッシとの共存が疑わしいため

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナFWリオネル・メッシ

 フランクフルトFWルカ・ヨビッチの獲得を検討していたとされるバルセロナだが、結局は動かないことを決定したようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

 バルセロナは今季ブレイクを果たしたヨビッチを15回にわたって視察するなど、獲得に動くかどうかを検討していたが、最終的に自チームには必要ないと判断した模様だ。

 ベンフィカからのレンタル移籍によってフランクフルトでプレーするヨビッチは、今季公式戦40試合25得点を記録。しかしながらバルセロナは同選手をPA内の純粋な“キラー”として捉え、自チームへの適応は難しいとの結論を下したとみられる。

 バルセロナはヨビッチがエースFWリオネル・メッシのためにスペースを空ける動きを行える選手ではなく、さらには狭いスペースで効果的なプレーを見せられないとの判断を下したという。加えて、フランクフルトがヨビッチの1200万ユーロの買い取りオプションを行使し、その後に同選手を売却する場合には移籍金として6000万ユーロを求めるとされるが、長く活躍しているわけではない選手の価格としては高額と捉えているようだ。

『ムンド・デポルティボ』によれば、バルセロナは自チームに適応できるストライカーとして、やはりアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリエーズマンの名を挙げているとのことだ。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●柴崎、乾の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP