beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スアレスの後釜探すバルサ、ターゲットはラッシュフォードか

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォード

 バルセロナマンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォードに興味を示しているようだ。英紙『ミラー』が伝えた。

 1997年10月31日生まれで現在21歳のラッシュフォードは、16年にELミッティラン戦でトップチームデビューを飾ると2ゴールを奪う活躍を見せ、プレミアデビューとなったアーセナル戦でも2ゴールを記録。さらに同年5月にイングランド代表デビュー戦でもゴールを奪うなど、特大のインパクトを残した。その後は16-17シーズンにプレミア32試合、17-18シーズンは35試合に出場を果たし、今季からマンチェスター・Uの背番号10を背負うことになった。

 マンチェスター・Uとの契約は20年6月までとなっており、さらに1年間延長するオプションがあるようだが、現時点で新契約を結ぶには至っていない。バルセロナは32歳を迎えたFWルイス・スアレスの後釜としてラッシュフォードに白羽の矢を立てたようで、マンチェスター・Uは1億ポンド(約147億円)の移籍金を要求すると報じられている。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●柴崎、乾の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP