beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ブンデス公式も長谷部誠に注目。今季を成功で終えるために…「謙虚に集中し続ける」

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリアハイのシーズンを送るMF長谷部誠

 フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠に注目が集まっている。ブンデスリーガ公式サイトが焦点を当てた。

 長谷部は今季リーグ戦23試合に出場。4位と躍進するチームの主軸として活躍し、ヨーロッパリーグ(EL)でも11試合に先発。35歳とベテランになりながら、国内外で評価を高めるキャリアハイのシーズンを過ごす。

 長谷部は今季について「チームはここまでよくやっていますし、僕らの周りの人々は全員がタイトルやチャンピオンズリーグ出場について話しています」と振り返る。さらにこのように続けた。

 指揮官のアディ・ヒュッターも賛辞の言葉を述べる。特に「ポゼッション時に際立っている」と話し、評価する。

「信じられないほどいいよ。後方から試合をオープンにしてくれるんだ。FWへ通すパスコースが見えているだ。印象的だね。だが、守備面でも相手に打ち勝つことができる男だ。ボールを予測し、早くその場所にたどり着くことができている」

 18日にはEL準々決勝でベンフィカと対戦するフランクフルト。悲願の欧州タイトルを目指し、長谷部はその舞台に立つこととなる。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP