beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

シントトロイデンが札幌と業務提携! 岡山、大分、FC東京に続いて4クラブ目

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人選手も所属するシントトロイデン

 ベルギー1部リーグ所属のシントトロイデンは19日、J1の北海道コンサドーレ札幌と業務提携したことを発表した。

 今回の提携は、発展のためにそれぞれのクラブで培ったノウハウを共有し、人材育成を主目的としたもの。現在シントトロイデンには、FW鎌田大地やMF遠藤航、DF冨安健洋など5選手が所属している。

 国内では4番目の提携クラブとなる。2018年1月からファジアーノ岡山と、同年2月から大分トリニータと、同年3月からはFC東京と提携していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP