beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

広島の初黒星は今年もFC東京!無敗同士の天王山制し首位逆転!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC東京が首位逆転に成功した

[4.19 J1第8節 広島0-1FC東京 Eスタ]

 FC東京が敵地でサンフレッチェ広島に1-0で勝利した。3連勝のFC東京は勝ち点20。初黒星で同17にとどまった広島をかわして、第4節以来の首位に浮上した。なお、FW久保建英は今季初めて、ベンチ入りメンバーから外れている。

 昨年に続き、今年も序盤の戦いで無敗を続けていた広島に初黒星をつけたのはFC東京だった。ともに開幕から無敗、勝ち点17同士の迎えた首位決戦。実力派チームの激突は前半から迫力のある攻防が続く。前半19分にはFC東京が決定機。MF橋本拳人のミドルがゴールに迫るも、広島の若き守護神、GK大迫敬介の手に当たったシュートは、右ポストを叩いて外れた。

 後半もなかなか均衡は崩れなかったが、ついに後半26分、試合が動く。MF高萩洋次郎が浮き球を出すと、FWディエゴ・オリヴェイラが動き出す。DF佐々木翔のクリアミスを誘発すると、MF大森晃太郎が折り返す。そしてエリア手前からディエゴ・オリヴェイラが右足を振り抜くと、威力のあるシュートが大迫の脇を抜けてゴールネットを揺らした。

 広島は昨年も開幕から9戦負けなしでスタート。しかし10戦目でFC東京と対戦すると、1-3で初黒星を喫した。後半アディショナルタイムのFW渡大生のミドルがポストに嫌われるなど、今年も8戦目の対戦で同じように敗れてしまった広島。城福浩監督にとっても古巣となるFC東京に再び苦杯をなめさせらる結果になった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP