beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“ツインシュート”で追いついた川崎F、蔚山現代と引き分けGS突破に望み

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダミアンと知念が“ツインシュート”でネットを揺らした

[4.23 ACLグループH第4節 川崎F2-2蔚山 等々力]

 AFCチャンピオンズリーグは23日、グループステージ第4節を行い、川崎フロンターレ蔚山現代と対戦し、2-2で引き分けた。1勝1分2敗とした川崎Fはグループステージ突破に可能性を残した。

 川崎Fは4月19日に行われたJ1第8節湘南戦(2-0)から先発3人を入れ替え、故障明けのDF谷口彰悟、MF中村憲剛がスタメンに復帰。フォーメーションは4-2-3-1を採用し、出場停止のMF長谷川竜也に代わってMF齋藤学が左サイドハーフで先発。FW小林悠が1トップに入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 中盤にMF大島僚太、中村と主力が帰ってきた川崎Fは攻撃のリズムを取り戻し、いきなり試合を動かした。前半8分、中村が蹴り込んだ右CKの流れから大島が絶妙なスルーパスを通す。小林が反転から右足でシュートを打ち、ゴール左隅に沈めた。

 幸先良く先制に成功したが、蔚山現代は4-1-4-1から4-4-2にシステムを変更して押し返す。前半18分、左CKの流れからMFパク・ヨンウに決められ、1-1。さらに前半31分、左サイドを突破したMFキム・インソンのパスを受けたFWジュニオール・ネグランが突破し、強烈な右足シュート。GKチョン・ソンリョンが反応したが、防ぎ切れず、ゴールマウスに吸い込まれた。

 川崎Fは後半開始と同時に交代枠を使い、田中を下げてFW知念慶を投入。4-4-2に変更し、中村がボランチの位置に下がった。後半3分には大島が股抜きパスを通し、MF家長昭博が左足を振り抜いたが、ゴール左へ。後半8分には齋藤が大島とワンツーの形でフィニッシュに持ち込むなど、押し込む展開が続いた。

 川崎Fは後半28分、川崎Fは2枚目の家長に代えてMF脇坂泰斗を投入すると、その直後、左CKの流れからDF馬渡和彰が押し込んだが、谷口がオフサイドの判定となり、ゴールは認められなかった。後半34分には最後の交代枠でFWレアンドロ・ダミアンを投入すると、ついに反撃が実った。

 後半37分、左サイド深い位置からDF登里享平がクロスを入れ、小林がミドルシュート。これはGKオ・スンフンが防いだが、こぼれ球に詰めたダミアンと知念が“ツインシュート”でネットを揺らした。決勝点は奪えなかったが、2-2で引き分けた川崎Fはグループステージ突破に可能性を残した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2019特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP