beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本高校選抜の活動終え、青森山田の新主将は再スタート。注目MF武田英寿が求める勝利と「王者としての雰囲気」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本高校選抜MF武田英寿(青森山田高3年)は今年、青森山田の3冠、プロ入りを目指す

 第97回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜は4月13日から24日まで欧州遠征を行い、第57回デュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)に出場。6位で大会を終えた。

 世代屈指のレフティーMF武田英寿(青森山田高3年)は1月の選手権で2年生レギュラーとして全国制覇に貢献。3年生となった今季は、選手権優勝校の主将、10番として新たなスタートを切っている。欧州遠征では特長の戦術眼の高さと攻撃時のポジショニングの良さで、チームの機能性を上げ、得点に絡むシーンや自ら仕掛けてシュートへ持ち込むシーンもあった。一方で悔しさも残った欧州遠征に。その武田が高校選抜の活動の感想と、先輩たちから学んだこと、今年の意気込みなどを語った。

以下、武田コメント
―高校選抜の活動を振り返って。
「自分の中では悔しい遠征になったというか、出場機会があまりなくて、もっと試合に出たかったというところが正直なところです」

―エバートン戦はシュートシーンを増やしたり、かなり気持ちが入っていた。
「最後だったので気持ち入っていました。エバートンは一発で仕留めてきたけれど、自分が何本もチャンスあった中で決められなかったのはやっぱり反省かなと思っています」

―この欧州遠征で得られた部分。
「最終戦のエバートン戦とか前を向くこともできたし、シュートを打つこともできた。相手は準備のところは雑なところがあるので、良い立ち位置を取って遅れてきたらファウルになるし、上手く体を使って相手の前に入ったり、シュートまで持ち込めていたのは良かったと思います」

―成長できた手応えはある?
「監督によってサッカーは全然違う。そのところで自分は周りよりも早く考えて求めているものを意識してできたのかなというのはあります」

―高校選抜の先輩たちの姿はどう映った?
「私生活の部分では優しくしてもらって、サッカーのプレー中では、先輩方は経験があるので色々なことを聞いて、自分も要求しながら上手くコミュニケーションを取りながらやれたと思います」

―高校選抜に選ばれた3年生3人は他の高校生たちから目標とされる存在になる。
「個人として責任を感じながらプレーをするというのもそうなんですけれども、去年の(選手権)優勝校として絶対に負けられないというのがあるので、チームとして責任感のあるプレーや王者としての雰囲気というものを作っていかないといけないと思っているので、そこはキャプテンとしてこの1年間やっていきたいと思っています」

―今年1年やその先へ向けた意気込みを。
「今はチームのキャプテンとしてやっているので、そこを一番大事に。プレミア、インハイ、選手権があるので、そこで全国優勝することを一番の目標として毎日毎日厳しくやっていく。個人のところでは結果を求めてプロ入りを高卒で決めたいと考えています」 

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2018
2019日本高校選抜欧州遠征特設ページ
★日本高校選抜の活躍を プーマ フットボール公式Instagram アカウント でもチェック!
第57回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会公式サイト(別サイトに移動します)

TOP