beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

やるべきことを「しっかりと貫けた」。日本高校選抜CB吉村仁志は練習で誰より声を張り、試合では空中戦で海外選手圧倒

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本高校選抜CB吉村仁志(大津高→流通経済大)はエバートン戦で好守を連発した。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 第97回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜は4月13日から24日まで欧州遠征を行い、第57回デュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)に出場。6位で大会を終えた。

 CB吉村仁志(大津高→流通経済大)はデュッセルドルフ国際ユース大会予選リーグでの出場機会が無かったが、それでもトレーニングで誰よりも声を張るなどチームをサポート。そして、初出場したエバートン(イングランド)戦では海外選手を高さで圧倒して見せるなど、非常に気持ちの入ったプレーでまたチームを盛り上げた。その吉村が高校選抜の活動の感想と日本高校選抜や選手権を目指す高校生たちへのメッセージ、そして今年の意気込みなどを語った。

以下、吉村コメント
―高校選抜の活動を振り返って。
「正直悔しい気持ちの方が大きい遠征で、試合にも出れなくて、予選も出れずに負けてしまって……自分的には出れずに負けるのが一番悔しいので。そういうところで悔しい遠征だったかなと思います」

―練習では誰より声を張っていたけれど、(大津のチームメートである)水野の話ではこれまで、あんなことはなかったと。
「そこは最初から決めていたことなので。出れなくてもやれることをやろうというのは。そこはしっかりと貫けたかなと思っているので、また大津と違う成長ができたかなと思います」

―エバートン戦の空中戦について朝岡監督は「パーフェクトだった」と。
「ずっと準備していたし、ここで負けたら自分は何も無いと思う。ああいう大きい相手に対しても競り勝てたのは自信になりました」

―今までの海外遠征と比較してもベストと言えるようなプレーに。
「今までの海外の遠征で一番、相手に通用するって実感が大きかったし、球際の部分や相手に向かっていく気持ちも出せたから良かったと思います」

―高校選抜や選手権を目指す高校生たちへのメッセージをお願いします。
「本当に強くその試合に出たいだったり、選抜に選ばれたいと毎日思って頑張っていくのが成長する一番早い方法だと思います。そういう目標が揺らいだり、止まった時に成長は止まる。何のためにサッカーをやっているのかしっかりと考えて、自分もそうやってきたので、下手くそでも何か一つだけでも長所があれば見てくれている人はいると思うので、そういう(選手権や高校選抜)ところを目指す人たちは頑張って欲しいと思います」

―今年1年やその先へ向けた意気込みを。
「今年の1年はまた試合に出れない時間が続くかも知れないですけれども、今回の遠征と同じように1年、4年だからとか関係なく盛り上げていくことが必要だと思うし、出た時はスタメンで使ってもらえるように意識して頑張っていこうと思う。そういう積み重ねが将来の夢とかに繋がっていくと思うので、頑張っていこうと思います」

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2018
2019日本高校選抜欧州遠征特設ページ
★日本高校選抜の活躍を プーマ フットボール公式Instagram アカウント でもチェック!
第57回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会公式サイト(別サイトに移動します)

TOP