beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イタリア杯決勝進出決定のアタランタ指揮官「最高の時間を過ごしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

アタランタ指揮官はタイトル獲得に意欲

 アタランタの指揮官ジャン・ピエロ・ガスペリーニが、25日のコッパ・イタリア準決勝フィオレンティーナ戦終了後にインタビューに応じ、タイトル獲得へ意欲を見せた。

 コッパ・イタリア準々決勝でユベントスを退け、準決勝に駒を進めたアタランタは25日、フィオレンティーナとのセカンドレグにホームで挑むと2-1と勝利を収め、2試合合計5-4で5月15日にローマで行われるラツィオとの決勝への切符を手に入れた。指揮官のガスペリーニは喜びを隠せない。

「素晴らしい結果を得ることができ、最高の夜になった。勝利することは重要だが、我々は目標としていたものを手に入れることができた。素晴らしいフィオレンティーナを相手に苦しんだが、選手たちはよくやってくれた。今日の勝利をつかんだ選手たちをより一層、称えてやるべきだ」

 アタランタは今シーズン、リーグ戦においても健闘しており、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場圏内の4位ミランと同ポイントにつける。クラブ史上初となるCL出場を目指し、次戦のウディネーゼ戦で勝利を目指す。

「今日の試合だけに集中していたが、次はウディネでの一戦へ向けて準備していく。我々がかつて到達したことのない素晴らしい何かをつかむために戦いに挑む。今、チームは最高の時間を過ごしているが、結果を持ち帰らなければならない。CL出場とコッパ・イタリア優勝ではどちらが良いか? 両方かな。これから重要な試合が3試合ある。我々には、与えられたチャンスを戦う権利がある」

●コッパ・イタリア2018-19特集
●セリエA2018-19特集
●注目試合をチェック!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP